ドライヘッドスパ専門店「癒し〜ぷ」全国に11店舗展開!

メンズもクレンジングは毎日必要なの!?おすすめの頻度・ポイントを説明!

最近では、美容やスキンケアに関心を持つ男性が増えており、特にメンズクレンジングが注目されています。

普段のスキンケアで洗顔+化粧水・乳液をしている男性が多いと思いますが、これらと同じくらい普段のスキンケアで欠かせないのが「クレンジング」です。

この記事では、毎日のメンズクレンジングの必要性とおすすめの頻度・ポイントを解説していきます。

おすすめの人気メンズクレンジング商品も紹介しているので、クレンジングの目的や使い方でお悩みの男性は是非参考にしてください。

そもそもクレンジングの役割とは?

クレンジングとは、化粧品や日焼け止めを洗い落とすためのアイテムです。

一般的な洗顔料では、汗の汚れなど水性の成分しか洗い流せません。

しかし、クレンジングには化粧品や日焼け止めなど油性の成分を洗い落とすすことができます。

また、毛穴の黒ずみや皮脂のような洗顔料では落としきれない肌の油分も落としてくれる効果があります。

このようにクレンジングは、洗顔料ではカバーできない汚れを洗い落としてくれる役割があります。

クレンジングは女性が使うものというイメージがありますが、実は男性にとっても必要なアイテムなんです。

メンズがクレンジングを使用するケースは?

男性がクレンジングを使用するべきケースには、主に日焼け止め・メイク・毛穴汚れ(黒ずみなど)があります。

それでは、男性がクレンジングを使用するケースを詳しく見ていきましょう。

日焼け止めを塗っている場合

日焼け止めを塗っている方は、クレンジングを使用しましょう。

日焼け止めは、「水で流せる」と書いている商品以外は水で落ちません。特にウォータープルーフタイプのような汗や水に強いタイプの商品には、クレンジングを忘れないようにしてください。

日焼け止めでせっかく紫外線を防ぐことができても、塗料が肌に残ることで毛穴に汚れが溜まり、ニキビや肌トラブルの原因となるので注意しましょう。

メイクをしている場合

近年、メイクをしている男性が増加しています。

これらのメイク用品は油性成分を含んでいるため、一般の洗顔料だけでは上手に洗い落とすことができません。

メンズメイクをした日に洗顔料だけで済ませてしまうと、ニキビや肌トラブルの原因となってしまいます。男性もメイクをする場合はメイク残しが無いように、しっかりクレンジングを行いましょう。

メイクをする男性は、メイク用品だけではなくクレンジングの購入も必要になります。

毛穴汚れ・黒ずみが気になる場合

普段メイクや日焼け止めをしないという方も、毛穴汚れや黒ずみが気になる場合はクレンジングの使用がおすすめです。

毛穴の汚れは、過剰に分泌した皮脂や古い角質などが混ざった角栓が原因となっており、この汚れを落とすには洗顔料よりもクレンジングのほうが効果的です。

毛穴汚れを落とすために毎日クレンジングしてしまうと肌への負担が大きくなってしまい、逆効果になってしまうので週に1〜2回を目安にクレンジングをして肌をケアしてあげましょう。

メンズクレンジングは毎日or週に1〜2回でよい場合がある

メンズクレンジングはの頻度は、目的によって異なります。

以下に目的別で使用頻度・タイミングをまとめました。

クレンジング目的頻度タイミング
日焼け止め使用する日は毎日夜(洗顔前)
メイク使用する日は毎日夜(洗顔前)
毛穴汚れ週に1〜2回程度朝または夜(洗顔前)

それではクレンジングに関して、毎日する場合と週に1〜2回で良い場合を詳しく見ていきましょう。

日焼け止め・メイクをする人なら毎日

メイク用品や日焼け止めクリームを毎日使用するという場合は、クレンジングも毎日行うようにしましょう。

「洗顔料だけで落ちる」と書いてある商品はクレンジングをしなくても問題がありませんが、そうではない商品を毎日使用する場合は必ずクレンジングを行う必要があります。

毛穴汚れなどを落とすスキンケアとしての場合は週に1〜2回

毛穴汚れや角栓・黒ずみ・いちご鼻が気になる場合は、週に1〜2回程度のクレンジングを行うことをおすすめします。

ただし、「肌が綺麗になりたいから」という理由でクレンジングをしすぎるのは禁物です。

スキンケアとしてクレンジングを取り入れる場合、毎日行ってしまうと肌への負担が大きくなってしまうため一定の間隔を空けてクレンジングを行うようにしましょう。

メンズクレンジングの使い方7ポイント

メンズクレンジングには、以下の7ポイントを注意して効果的にクレンジングをしましょう!

メンズクレンジングは洗顔前に行う

メイク落とし・日焼け止め落とし・スキンケア(毛穴汚れ)としてのクレンジングでも、正しい手順は洗顔前です。

洗顔前には、クレンジングで顔についた油分を落とすことが大切です。

メンズクレンジング前は手をしっかりと洗う

洗顔においても大事ですが、クレンジング前も手をしっかりと洗いましょう。

汚い手でクレンジングを行っても、汚れが新たについてしまい効果が薄れてしまいます。

クレンジングは手を清潔な状態に保った上で行いましょう。

メンズクレンジングは手や顔の水分は拭き取ってから行う

クレンジングは、手と顔が乾いた状態で行うのが基本です。

「濡れた手OK」と表記があるクレンジング以外は、手と顔の水分をしっかり拭き取ってから行いましょう。

メンズクレンジングはたっぷり使う

クレンジングの適量は商品によってバラバラですが、1回の使用量よりも少なくならないように気をつけましょう。

「もったいないから」という理由で使用量をケチってはいけません。

クレンジング使用量が少ないと、手と肌の摩擦が大きくなり、肌への負担が増えてしまいます。そのため、クレンジング料はたっぷりと使いましょう。

メンズクレンジングをする際は優しく肌に馴染ませる

メンズクレンジングの際は、肌をこすらず優しく肌に馴染ませましょう。

特に皮脂が分泌しやすい、Tゾーン(おでこから鼻)とUゾーン(下顎の輪郭)はより丁寧に馴染ませることがコツです。時間をかけずに30〜40秒程度で手早く行いましょう。

メンズクレンジング後はぬるま湯で優しく念入りに洗い流す

クレンジングを丁寧に顔に馴染ませたあとは、ぬるま湯で念入りに洗い流します。

クレンジング料は残ってしまいやすいため、10〜20回程度落ちきるまですすぎましょう。

ここでも肌に負担をかけないように、優しく洗い流すこと肝心です。

メンズクレンジング使用後は必ず化粧水や乳液で保湿する

クレンジング+洗顔を行った際は、肌がとてもデリケートな状態になっています。

以下の順番で、肌をしっかりと保湿することを忘れないようにしましょう。

メンズクレンジング→洗顔→化粧水(または美容液)→乳液(またはクリーム)

おすすめメンズクレンジング商品5選

では最後に、おすすめメンズクレンジングを5つ紹介していきます。

肌に優しく、保湿成分も入ったクレンジングを紹介していくので、メンズクレンジング商品でお悩みの際は是非参考にしてください。

【FANCL】マイルドクレンジングオイル

「とろすべオイル」がメイクも角栓もオフする、無添加スキンケアクレンジングオイルです。
肌本来のバリアを守りながら、使うたびキメの整った素肌になります!
毛穴につまった角栓もこすらずオフすることができます。

商品名ファンケル マイルドクレンジングオイル
価格1,870円(税込み)
内容量120ml(60回分)
タイプオイル
香りストロベリー
商品の特徴ノンコメドジェニック

【無印良品】マイルドオイルクレンジング

ポイントメイクにもすぐに馴染んでしっかりと落ちるオイルクレンジングです。
うるおい成分としてリピジュア、アンズ果汁、モモ葉エキス、ヒアルロン酸Naも配合。
1,190円と値段もお手頃!

商品名無印良品 マイルドクレンジングオイル
価格1,190円(税込み)
内容量400ml
タイプオイル
香り無香料(人工香料不使用)
商品の特徴鉱物油フリー, アルコールフリー, 無着色

【無印良品】マイルドジェルクレンジング

肌に素早くなじみ、すっきりとメイクを落とすジェル状のクレンジング料です。
うるおい成分としてリピジュア、アンズ果汁、モモ葉エキス、ヒアルロン酸Naを配合。
しかも、200gと大容量!

商品名無印良品 マイルドジェルクレンジング
価格1,310円(税込み)
内容量200g
タイプジェル
香り無香料(合成香料無添加)
商品の特徴鉱物油フリー, アルコールフリー, 無着色

【DUO】ザ クレンジングバーム

これ1つでクレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメントの5役をこなします。
肌に馴染ませるととろとろのテクスチャーに変化し、濃いメイクや毛穴の奥の汚れまで素早くしっかり落としてくれます!

商品名DUO ザ クレンジングバーム
価格3,960円(税込み)
内容量90g
タイプバーム
香りオーキッド(洋梨)・ローズ
商品の特徴W洗顔不要

メイクをするならメンズも忘れずにクレンジングを

男性でも、日焼け止め・メイクを毎日する方はクレンジングも毎日行いましょう。

また、スキンケアとしてクレンジングを取り入れることで角栓や毛穴の汚れを取り除くことができるので、肌に何も塗らない方でもクレンジングの使用をおすすめします。

今回ご紹介した商品は、肌に優しいクレンジングになっているので肌トラブルでお悩みの方は是非チェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です