ドライヘッドスパ専門店「癒し〜ぷ」全国に11店舗展開!

洗顔・化粧水・乳液の正しい順番・使い方は?【メンズスキンケアの常識】

近年、男性の美容への関心が強くなっており、美容の最初のハードルであるスキンケアの正しい順番を知りたい方が増えてきました。

「肌キレイな方がモテるらしいし、スキンケアをしたいな。でも、化粧水とか、乳液の順番も分からないし、硬貨も分からない。」

このような方のために正しいスキンケア方法を紹介します。

実は、肌がきれいになったからと言ってもモテるとは限りません。

しかし、女性は清潔感のある男性に好意を抱くので、スキンケアをしていなければ、土俵に上がることすらできないのではないかと考えています。

この記事では、メンズスキンケアの正しい順番と洗顔、化粧水、乳液のそれぞれの効果について詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、メンズスキンケアの基礎を理解し、美男子への一歩目を踏み出すことができるようになるでしょう。

男性のスキンケアで化粧水・乳液が必要な理由

「なんで男がスキンケアしないといけないの?スキンケアって女性がするものじゃないの?」

実は、私もこう思っていました。

しかし、女性よりも男性の方がスキンケアをしないといけない理由があります。

男性の肌の水分量は女性の半分

まず驚くべき事実ですが、男性の肌の水分量は、女性の半分しかないんです。

なぜ、水分量が少ないといけないのか?

それは、乾燥肌であればあるほど、肌荒れしやすく、年を取れば、しわになりやすいからです。

年をとっても若く見られたいですよね?

そのためには、スキンケアは欠かせません。

また、男性の肌の悩みの9割は、肌の乾燥が原因です。

肌を乾燥させないために、男性にこそスキンケアが必要です。

皮脂量が多い

上記で詳しく触れましたが、男性の肌の水分量は女性の約半分で、肌が乾燥しやすいです。

男性は、肌を乾燥から守るために、皮脂を多く分泌するようになっています。

皮脂が多く分泌されるせいで、毛穴が目立ったり、ニキビができたりします。

男性の肌の水分量は女性の半分ですが、皮脂量は女性の3倍です。

紫外線からダメージを受ける

皆さんは、外出前に紫外線対策をしていますか?

「もちろん、紫外線対策をしている」と言う人もいると思いますが、「めんどくさいから、紫外線対策をしていない。」という人が多いのではないでしょうか。

このように言っている私も以前はめんどくさくて、紫外線対策をやらずに外出していました。

紫外線は、肌にとっては天敵です。

だから、紫外線対策をしていない段税の肌は、多くの時間紫外線にさらされ、多くのダメージを受けています。

髭剃りで肌が傷む

男性は、毎日髭剃りをする人もいますよね。

最近は、脱毛がはやり、髭剃りを毎日しない人も出てきたとはいえ、いまだに毎日髭剃りをしている男性が多いと思います。

肌から血が出たという経験をした方もいるのではないでしょうか。

それくらい髭剃りは肌へのダメージが大きいのです。

だから、男性は、毎日髭剃りをして、肌を傷つけ続けているということになります。

男性に必要な3つのスキンケアとその役割

スキンケアは大きく分けて、3つの工程に分かれています。

洗顔・化粧水・乳液の3つです。

それぞれにきちんとした役割があります。

ここでは、それぞれの役割を詳しく解説していきます。

【洗顔】肌の汚れを落とす

肌には、汗や皮脂、空気中のほこりなど一見きれいに見えても、実は目に見えない汚れが多くついています。

肌の汚れをそのままにしておくと、ニキビや肌荒れと言った肌トラブルに繋がります。

洗顔をすることで、肌を清潔にし、化粧水や乳液を浸透しやすくします。

洗顔時のポイント
  • 強くこすらない。
  • きちんと泡立てて洗顔する
  • 泡がたちにくいなら、市販のネットを使う

【化粧水】肌を乾燥から守って潤いを与える

洗顔後の肌は、皮脂が洗い流されているので、無防備な状態です。

せっかく肌をきれいにしたのに、無防備だと肌が乾燥してしまい、肌トラブルに見舞われます。

肌を乾燥から守るために、化粧水を利用します。

化粧水によって、肌に潤いを与え、皮脂の分泌を調整します。

肌への潤いが足りないと皮脂が過剰に分泌され、肌のテカリに繋がります。

化粧水を使う時のポイント
  •  体温ぐらいまで温めて使う
  •  500円玉ぐらいの量をしっかり使う
  •  塗った後にハンドプレスをするとなおよし!

【乳液】化粧水で与えた潤いを閉じ込める

化粧水の9割ぐらいは水なので、ほっとけば肌に塗っても蒸発してしまいます。

蒸発してしまうと、肌を守るものがなくなるので、肌が乾燥しやすくなります。

化粧水の蒸発を防ぐために、乳液を塗りましょう。

乳液をつけることで、化粧水で与えた水分を肌に閉じ込めることができます。

また、乳液は角質を柔らかくする効果もあるので、美容成分が肌に浸透しやすくもなります。

乳液を使うときのポイント
  • 体温ぐらいまで温める
  • 10円玉ぐらいの量を使う
  • 乾燥が気になるところは2度塗り推奨!

メンズスキンケアの順番と正しい使い方

ここからは、メンズスキンケアの順番と正しい使い方について説明します。

洗顔・化粧水・乳液を使う順番

スキンケアで利用する洗顔料、化粧水、乳液の3種類です。

この3つを使う順番は、洗顔料、化粧水、乳液の順番です。

順番だけ教えてもらっても、どう使えばいいか分からないと思うので、ここからは、それぞれの詳しい使い方を紹介します。

正しい洗顔の仕方

洗顔は、下記の順番で行ってください。

洗顔の順番

1. 洗顔前には手を洗う

2. ぬるま湯で軽く汚れを落とす

3. 洗顔料をしっかり泡立てる

4. 肌をこすらず、顔の上から下に向かって洗う

5. すすぎ残しのないようにぬるま湯で洗う

洗顔前には手を洗う

手についた汚れを落としてから、洗顔をすることで洗顔料の泡立ちがグンと変わります。

ぬるま湯で軽く汚れを落とす

肌についているほこりなどを軽く顔を洗って落としていきましょう。

ぬるま湯の温度は、32〜35度ぐらいがベストです。

暑すぎ、冷たすぎは肌に良くないので、注意してください。

洗顔料をしっかり泡立てる

洗顔料を手のひらにとって泡立てます。

手のひらを逆さにしても泡が落ちないぐらいの泡のきめ細かさにしましょう

泡立てるのが苦手ない人は、市販の泡立てネットを利用してもOKです。

無印良品だと100円以下で売っているので、おすすめです。

肌をこすらず、顔の上から下に向かって洗う

洗顔だからといって肌をこすってはいけません。

イメージは、泡で肌を洗う感覚です。

洗っていく順番ですが、皮脂量の多い順(Tゾーン、花、頬、あご)の順で泡を転がすように洗いましょう。

すすぎ残しのないようにぬるま湯で洗う

ぬるま湯で10回程度を目安に洗顔料をすすぎましょう。

最後のすすぎの時の温度が高いと肌に残った必要な油分まで流れていくので注意です。

同様にすすぎのこしがあっても、毛穴が詰まり肌荒れになるので、丁寧に洗いましょう。

正しい化粧水の付け方

ここからは、正しい化粧水の使い方を説明します。

化粧水は、下記の順番で行ってください。

化粧水の順番

1. 500円玉ぐらいの化粧水を手に取る

2. 化粧水をてのひらで温める

3. 内側から外側へ

4. より浸透力をあげたいなら、ハンドプレス

500円玉ぐらいの化粧水を手に取る

化粧水の適量は500円玉ぐらいの量です。

少なすぎると保湿効果があまり得られません。

逆に多すぎても肌への吸収量はあまり変わらないので、適量を利用するようにしましょう。

また、化粧水を肌に塗るときに、肌をこすりすぎると肌にダメージを与えるので、優しく化粧水を塗りましょう。

化粧水をてのひらで温める

化粧水を容器から出して、そのままつけていませんか?

化粧水を冷たいままつけてしまうのはNGです。

化粧水が冷たいと毛穴が閉じてしまい、成分が上手く浸透しません。

化粧水を手に取ったら、冷たいまま肌につけるのではなく、いったん手のひらで温めてから、つけるようにしましょう。

化粧水が体温ぐらいになれば、成分が浸透しやすく、より効果が得られるようになります。

内側から外側へ

化粧水は、まず頬や口元などの乾燥しやすい場所からつけてください。

化粧水をつけた後は、内側から外側へゆっくり伸ばしていきましょう。

外側へ伸ばすことで血流がよくなり、化粧水の浸透がよくなります。

より浸透力をあげたいなら、ハンドプレス

化粧水を顔にまんべんなく、なじませたら5秒ぐらい顔を包みハンドプレスをしてください

これにより、化粧水の成分が肌へ浸透しやすくなります。

肌をパンパンたたくようにつけてしまうと、肌にダメージを与えるので、気をつけてくださいね。

正しい乳液の付け方

ここからは、正しい乳液の付け方を紹介します。

下記の順番で、乳液をつけてください。

乳液の順番

1. 10円玉ぐらいの乳液を手に取る

2. 乳液をてのひらで温める

3. 内側から外側へ伸ばす

10円玉ぐらいの乳液を手に取る

乳液の目安量は、10円玉のサイズぐらいです。

乳液を多くつけすぎると、テカリの原因となるので、注意してください。

乳液を手のひらで温める

化粧水の時にも説明しましたが、乳液も同じです。

手のひらで体温ぐらいにしてから、肌に塗るようにしましょう。

そうすることで、成分がよく浸透するようになります。

肌へ均等につけられるように、手のひらでしっかり伸ばしておくことが大切です。

内側から外側へ伸ばす

化粧水の時と同じ理由で、内側から外側へ伸ばしていってください。

特に乾燥が気になる場所は、2度塗りをしましょう。

メンズスキンケアの効果を発揮するタイミング

どんなにいい化粧品を使っても、1週間や2週間で効果が出ることはありません。

肌は、新たに生まれ変わるのに最低でも数週間から1か月はかかります。

だからどんなに素晴らしい化粧品でも、使ってすぐに結果が得られるとは限りません。

肌トラブルを治したりやエイジングケアをしたりするには「3か月」は必要です。

美しい肌を作るのは、一朝一夕では不可能であり、日々の努力が必要となります。

辛抱強く、毎日のスキンケアを怠らないようにしましょう。

メンズも正しい順番・使い方をマスターしてスキンケアしよう

今回は、メンズスキンケアの正しい方法と洗顔、化粧水、乳液の効果を解説しました。

「スキンケアは女性がするものだ。」というのは、古くなってきています。

今では、男性がスキンケアするのも当たり前になりつつあります。

この記事を読んで、少しでも興味がわいた方がいれば、今日から試してみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です