ドライヘッドスパ専門店「癒し〜ぷ」全国に11店舗展開!

男性の顔のテカリ対策を解説!顔の脂が気になるあなたは必見

「なんでこんなに皮脂が出るの?」
「女子からしたら男のテカテカが不潔に見えるって本当?」
「どうしたらテカリを防いで清潔感ある素肌になれる?」

この記事では、上記のように悩んでいるメンズのために、男性の肌のテカリの原因と対策について説明します。

皮脂によるテカリ防止にオススメのスキンケア用品もご紹介するので、ぜひ最後まで読んでください。

男性の顔にテカリが生まれる5つの原因

男性の顔にテカリが生まれてしまうのは、主に以下の原因が考えられます。

男性の顔のテカリの原因
  • 皮脂の過剰分泌
  • 汗をかくこと
  • 年齢
  • 肌の乾燥
  • 生活習慣や食生活の乱れ

それぞれの原因について解説していきます。

皮脂の過剰分泌

皮脂のテカリの大きな原因は、皮脂の分泌過多によるものです。

もともと男性は、女性よりも皮脂の分泌量が多いと言われています。

特におでこから鼻にかけてのTゾーンと呼ばれる部分は、より分泌量が多くなりやすいです。

皮脂自体は肌を乾燥や刺激から守る役割をしていますが、過剰に出ている皮脂はテカリだけでなく、ニキビなど肌トラブルの原因にもなります。

汗の分泌

大量に汗をかくと、肌の乾燥や刺激から守るバリア機能を持った皮脂膜を流してしまいます。

このバリア機能である皮脂膜が汗で流れることによって、刺激から肌を守ろうとさらに皮脂を分泌しようとします。

そして、皮脂が分泌されることで顔のテカリに繋がってしまうのです。

そのため、汗を止めるのは難しくても、汗をかいたらすぐに拭き取るなどの対策が必要になります。

汗をかいたときには、なるべくこまめにティッシュやハンカチで優しく押さえましょう!

年齢

​​​​​​皮脂の分泌にはホルモンが大きく影響します。

特に思春期から成人(男性だと20〜30代)にかけて男性ホルモンの分泌量が増える事で皮脂が多く分泌され、テカリを引き起こすのです。

その後、男性は女性に比べホルモンの分泌量の減少が穏やかなため、皮脂分泌は80歳くらいまで続きます。

さらに、加齢によるテカリは見た目だけでなく、肌トラブルの原因になったり、不快なニオイにも繋がったりするため対策が必須です。

肌の乾燥

肌の乾燥とは、肌のうるおいを守る「皮脂」と「水分」(皮脂膜)が不足してしまうこと。

皮脂膜は紫外線や雑菌などあらゆる刺激から肌を守るために分泌されるものですが、「肌が乾燥している」と判断すると、肌を守るために皮脂を過剰に分泌しようとします。

そして余分に分泌された皮脂は、テカリとなってしまうのです。

皮脂の量は多すぎず少なすぎずの「適切なバランス」を保つことが重要。

まずは正しいスキンケアで適切な皮脂バランスをつくり、乾燥状態を作らないように気をつけるようにしましょう。

食など生活習慣の乱れ

偏った食事や睡眠不足などによって生活習慣が乱れると、皮脂の分泌がアンバランスになります。

これによって、肌トラブルが起きたり、肌の回復能力が落ちたりする原因になります。

特に脂っこい食事や甘いものが好きな方、飲酒や喫煙が習慣化している人は要注意です。

肌に悪いスキンケア

男性にありがちな間違ったスキンケアが、テカリの原因を招きます。

下記のようなことを日頃無意識のうちにやってませんか?

肌に悪いスキンケア例
  • 洗顔を1日に3回以上
  • 洗顔後にタオルで強く拭き取る
  • あぶらとり紙、顔拭きシートなどの多用
ロールちゃん
ロールちゃん

良かれと思ってやっていたことが、まさか裏目に出ていたなんて!

男性の顔のテカリを防止するための対策方法

先述したような肌のテカリの原因に対して、どのように対処したら良いのでしょう?

ストレスフリーな肌を作るために、テカリを防止する方法を解説していきます。

ビタミンB群を摂取する

ビタミンB群は皮脂の分泌量をコントロールする働きがあります。

分泌過多の人は分泌を抑え、乾燥している人はうるおいを与えてくれる素晴らしい栄養素です!

ビタミンB郡が豊富な食品例
  • ナッツ類
  • 鶏卵
  • レバー
  • アボカド

お酒が好き、甘いものが好き、脂っこいものが好きな人は食事の前、間食などに積極的に取り入れましょう!

洗顔によって皮脂を落とす

日中、夜中に分泌した皮脂は朝、晩にしっかりとオフする事が重要です。

水だけでは油分は落ちきらず、石鹸やボディソープでは必要な油分まで落とし過ぎてしまいます。

顔専用の洗顔料やクレンジングを使ってバランスよく余分な皮脂を落としましょう。

保湿など正しいスキンケアをする

洗顔で古くなった皮脂や汚れを落とした後は、肌に必要な水分と油分を与える事が大事です。

「化粧水や乳液は女性がするもの」と思っていませんか?

実は女性も男性も、健康的な素肌を保つためには毎日のスキンケアは必須なのです。

取り入れるべきスキンケア例
  • 化粧水
  • 乳液
  • 美容液

まずは化粧水で水分をしっかりと補給します。

そして、その水分が蒸発しないように、乳液でフタをしていきます。

アンチエイジングもしたいと思うのであれば、美容液をプラスするのもオススメです!

あぶらとり紙を使う

たくさん分泌した皮脂を長時間放置するのは危険。

肌の上で皮脂が酸化してしまい、ニキビなどの原因に。

テカリが気になる時、あぶらとり紙やティッシュでサッと押さえましょう。

規則正しい生活をする

仕事に追われ、食事や睡眠への意識は後回しになっていませんか?

忙しい中でも、毎日少しの意識をするだけで肌質も変わります!

食生活

脂っこいものや塩分、糖分を摂り過ぎたり、毎日飲酒している人は、皮脂の分泌過多になりやすいです。

食べるものは肌に直接影響を及ぼすため、普段の食生活を今一度見直してみましょう。

睡眠

夜中まで起きていたり、睡眠時間が短い人は、ホルモンバランスが崩れたり精神的にもストレスを溜めやすい傾向にあります。

どんなに忙しくても、睡眠時間は確保できるよう生活の優先順位を見直しましょう。

喫煙

喫煙習慣がある人は肌がくすんだり、乾燥したりするようになります。

さらに、皮脂分泌過多の原因となることもあります。

何度も禁煙を試みたけど難しいと悩む人は、一度禁煙外来に行ってみるのもオススメ。

ストレスを発散する

ストレスもお肌に直接影響を及ぼします。

目の周りがくすんできた、口周りがシワっぽかったりたるんできた、顎周りの吹き出物が治らないと悩む人は要注意。

上手なストレス発散も健康な肌を保つためにとても大事です。

趣味やリラックスできる時間を意識して確保してみましょう!

テカリを隠すためにパウダーを使う

「化粧は少し気が重い」と思う方も、皮脂を抑えるためのパウダーや下地なら取り入れやすいです。

カラーを押さえた皮脂コントロールが可能な化粧品を使うだけで見た目の印象や清潔感もグッと良くなります。

今は効果が長く持続するものや、化粧をしているとバレにくい物もいろいろ出ていますよ。

男性のテカリ予防に逆効果なNG行動

良かれと思ってやっていたあんな事やこんな事。

もしかしたら逆にテカリを誘発していたかもしれません。

テカリ予防に逆効果なNG2選
  • 手で顔を触る
  • 心配になり洗顔をしすぎる

無意識に顔をよく触っていたり、1日に何回も洗顔をしていたりと心当たりはありませんか?

もしやってしまっているかもと思った方は下記を読んで、良くないことをしていたと認識しましょう。

手で顔を触る

ニキビや皮脂などが気になり手で顔に触れる事で、手に付いている雑菌が肌の上で増殖しやすくなります。

雑菌が顔で増殖することにより、さらに皮脂の分泌が増えて顔のテカリとなります。

テカリを防ぎたいと思っているのにもかかわらず顔を頻繁に触っているのであれば、行動と言動が伴っていない行為となってしまいますよ。

どうしても気になるときには清潔なティッシュで拭くなどをし、肌に菌が移らないよう気をつけてみてください。

心配になり洗顔をしすぎる

皮脂を落とすために1日に何度も洗顔することは、かえってテカリに繋げる行動です。

皮脂を落としすぎることによって、肌の乾燥を招きます。

そして、肌が乾燥することによって、刺激から肌を守ろうとして、元より多い量の皮脂を分泌します。

洗顔は朝と晩、1日2回で十分です。

それ以上のやり過ぎは逆効果なので注意しましょう。

テカリ防止におすすめのメンズ美容アイテム

テカリを防ぐために効果的なメンズ用美容アイテムを5つ紹介します。

  • 【オールインワンジェル】uno「クリームパーフェクション」
  • 【テカリ防止パウダー】メンズベーシック
  • 【洗顔料 THE FACE WASH】BULK HOMME(バルクオム)
  • 【洗顔シート】メンズビオレ
  • 【オイルコントロール スティック】ORBIS Mr.(オルビス ミスター) 

テカリを防ぎたいと思っているのであれば、ぜひチェックしてみてください。

【オールインワンジェル】uno「クリームパーフェクション」

uno「クリームパーフェクション」は、​​化粧水・乳液・美容液・クリーム・マスクという5つの役割をこなします。

オールインワンのスキンケアは、何と言っても時短でラク!

オールシーズン1品で、年齢とともに気になる肌悩みを予防してくれます。

洗顔の後に適量を塗布するだけで、しっかり潤うのにベタつきのない使用感ということも人気の理由です。

uno「クリームパーフェクション」の口コミ

フェイスクリームはアブラ顔の私にはべとつくので敬遠してましたが、クリームパーフェクションは結構たっぷり付けても、サッパリしてべとつきません。いい商品に巡り合いました。

watashi by shiseido口コミサイト

旦那が愛用中です。洗顔後はこれだけで済ませています。こちらを使ってから肌トラブルがなくなったようです。

watashi by shiseido口コミサイト

【テカリ防止パウダー】メンズベーシック

男性のテカリ対策には、皮脂の量を抑えることができるメンズベーシックのパウダーがおすすめ!

皮脂吸着パウダーでテカリを抑え、サラサラ感持続してくれます。

至近距離で見てもバレずに好印象を与えることも人気の理由です。

洗顔・保湿の後、付属のパフで叩き込むようにテカリの気になる部分に使ってみてください。

メンズベーシックの口コミ

薬局等で市販されている商品もいくつか試したことがあるのですが、数時間と保たず。

こちらの商品は、さすがに丸一日は保ちませんが今まで使った商品の中ではダントツで保ちが良いです。使用して数時間経った後も顔を触るとサラッとしています。

楽天みんなのレビュー

類似品やテカリ防止化粧水など、いろんなテカリ防止を謳う商品を試しましたが、テカリ防止のみの目的であれば、こちらの商品が最強だと思ってます。サラサラ持続時間が圧倒的に長いです。もし汗などでベタついてしまっても、一度塗り直せば即サラサラになります。

楽天みんなのレビュー

【洗顔料 THE FACE WASH】BULK HOMME(バルクオム)

バルクオムのTHE FACE WASHは、へたらずきめ細やかに泡立つ生洗顔料。

ソフトな使用感と潤沢な保湿成分によってナチュラルで健康な素肌へ導きます。

100円ショップや薬局で売っている泡だてネットを使うと、さらにモコモコでキメ細やかな泡立ちに!

泡に汚れの吸着成分があるため泡を潰さないよう、泡の上を優しく撫でるように洗いましょう。

BULK HOMME(バルクオム)の口コミ

以前は普通の石鹸で洗顔をしていたのですが顔のベタつきが気になったので購入。きれいに油分が落ちてサッパリするのがよいです。

Amazonカスタマーレビュー

【洗顔シート】メンズビオレ

汗をかいても洗顔できない時にとても役立つ洗顔シート。

メンズビオレの洗顔シートは丈夫で液たっぷりです。

丸まったり乾いたり破れたりしにくく、顔だけでなく首や腕、胸元など上半身まで拭くことができます。

しつこいベタつきや匂いを落として、拭きたてのサッパリ爽快な肌が続くことが多くの支持を集めている理由です。

メンズビオレの洗顔シートの口コミ

丸まったりせず、拭いた後のシートが黄ばんでいるので、皮脂はしっかり取れていると思われます。

どこでも買えるし、安いと199円なのでコスパも良しだし、手軽にスッキリできるしで、気に入っています。多分これからもリピートし続けると思います。

@cosmeクチコミ

毛羽立ったりせずに1枚で身体の表側が吹ける感じです。低価格なのでバンバン使えます。あんまりスースーしない顔にも使えるタイプなので水道がない場所でもスッキリできて気に入っています。

@cosmeクチコミ

【オイルコントロール スティック】ORBIS Mr.(オルビス ミスター) 

皮脂の分泌を抑え、マットな肌に仕上げてくれるORBIS Mr.の「オイルコントロールスティック」。

皮脂吸着成分のシリカによって、テカリを抑え、マットな肌に仕上げながらも、ヒアルロン酸によって潤いもプラス。

さらっとした、思わず触れたくなるような、清潔感ある好印象なお肌にしてくれます。

あぶらとり紙に代わる、新たな選択肢。​​​​

気になる部分に直接スティックを当てて、指先でなでるように優しくなじませるだけの簡単な使い方なのもおすすめポイントです。

オルビス ミスターのオイルコントロール スティックの口コミ

朝、下地の後に鼻周りに薄く塗るだけでかなり脂浮きが防止できました。

Amazonカスタマーレビュー

肌のテカリが気になったときにサッとひと塗りでマットな肌になります。保湿成分入で乾燥も防いでくれ刺激も少ないですね。

Amazonカスタマーレビュー

習慣を見直して顔のテカリから解放されよう!

顔のテカリの原因は、1つではなく複数の原因によって引き起こされるものです。

根本となる生活習慣を見直すこと、そして基本的なスキンケアを習慣化することがテカリを防ぐためには必要です。

男性もスキンケアをすることが当たり前になってきています。

まずは正しい知識を学び、簡単にできるものから取り入れて、清潔感のある好印象肌を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です