ドライヘッドスパ専門店「癒し〜ぷ」全国に11店舗展開!

オイルマッサージで癒されよう!4つの効果と行うときのポイント・注意点

「オイルマッサージって本当に意味あるの?」

こんな疑問をお持ちのあなたに、オイルマッサージの効果や実施するときのポイント・注意点について解説します。

実はオイルマッサージは、身体だけでなく心も癒す効果のある優れたセルフマッサージなんですよ。

この記事を読むことでオイルマッサージの効果を知り、仕事でお疲れの心身を毎日ケアできるようになります。

ロールちゃん
ロールちゃん

この記事の内容を押さえておけば、今日の夜からオイルマッサージを取り入れられるよ!

オイルマッサージの特徴

オイルマッサージは、肌に直接オイルをつけて行うマッサージです。

オイルで手を滑らせながら凝り固まった筋肉をもみほぐし、血液やリンパの流れを良くして老廃物や水分の排出を促します。

さらに、マッサージするときに使うオイルにあなた好みの香りのエッセンシャルオイルを加えることもできます。

これによって、精神的なリラックスやリフレッシュの効果も期待できるのです。

▼マッサージオイルについての詳しい説明とオススメ5選はコチラ▼

【5つのオススメ商品紹介】マッサージオイルの種類と選び方を知って家で癒されよう

>>【5つのオススメ商品紹介】マッサージオイルの種類と選び方を知って、家で癒されよう

オイルマッサージの4つの効果

オイルマッサージの効果には、次の4つがあります。

オイルマッサージの4つの効果
  • 肩こりや腰痛などの改善
  • 保湿・美肌効果
  • ホルモンバランス改善
  • リラックス・安眠効果

これらの嬉しい効果について、ひとつずつ解説していきます。

効果①:肩こりや腰痛などに好影響

オイルマッサージの滑らかな刺激によって凝り固まった筋肉がほぐれ、肩こりや腰痛に好影響を及ぼします。

肩こりや腰痛など身体の不調でお悩みのあなたは、オイルマッサージを生活の中に取り入れることをオススメします。

しかし、慢性的な肩こりでお悩みであれば、セルフマッサージをすることやヘッドスパに通うことも検討してみてください。

▼肩こりのセルフマッサージを知りたい方はコチラ▼

【簡単3ステップ】肩こりに効果的なセルフマッサージのやり方解説

>>【簡単3ステップ】肩こりに効果的なセルフマッサージのやり方解説

▼肩こりにも効果があるドライヘッドスパを知りたい方はコチラ▼

【ドライヘッドスパの5つの効果】忙しいあなたの癒しにピッタリ

>>【ドライヘッドスパの5つの効果】忙しいあなたの癒しにピッタリ

オイルマッサージには、肌の表面をなでるようにマッサージすることで、リンパや血液の流れが良くなって溜まった老廃物や水分を体外に排出する効果もあります。

その結果、全身の新陳代謝がアップし、冷え性や浮腫みが改善することも期待できます。

効果②:保湿・美肌

マッサージオイルの油分が肌の表面に膜を作るので、乾きにくくしっとりとしたお肌に。

特に肌が乾燥しがちな寒い季節は、マッサージしながら保湿もできて一石二鳥です。

また、マッサージで血流が良くなり肌のターンオーバーが促進されるので、くすんだ肌が明るくなったり艶感がアップするなど美肌効果も期待できますよ。

効果③:ホルモンバランスが整う

忙しい毎日では生活が不規則になり、身体のリズムが崩れてホルモンバランスも乱れがちに。

オイルマッサージは、ホルモンバランスの乱れが原因でおこる不調にも好影響を及ぼすことがあります。

特に、自律神経失調症や生理痛や月経前症候群の症状に悩んでいるあなたには、オイルマッサージが効果的

マッサージの刺激とエッセンシャルオイル成分の効用で、ホルモンの分泌がよくなり、自律神経のバランスが整うので身体が楽になるでしょう。

効果④:リラックス・安眠効果

ベースのキャリアオイルに加えたエッセンシャルオイルの香りは、リラックスやリフレッシュといった精神面にも作用します。

例えばラベンダーにはリラックス、鎮痛効果があり、イランイランは気分の高揚やホルモンバランスの調整効果等があると言われています。

体調に合わせてエッセンシャルオイルを上手に選んでみましょう。

▼エッセンシャルオイルについての詳しい説明はコチラ▼

【アロマ初心者向け】エッセンシャルオイル(精油)の6つの使い方

>>【アロマ初心者向け】エッセンシャルオイル(精油)の6つの使い方

ロールちゃん
ロールちゃん

オイルマッサージの効果が心身ともに好影響なのはわかった!

オイルマッサージを行うときの4つのポイント

次にオイルマッサージを行う際、更に効果を高めるためのポイントを4つお伝えします。

ポイント
  • オイルは適量を少しずつ使う
  • オイルを手のひらで温める
  • 優しく撫でるようなマッサージ
  • 適したタイミングはお風呂上がり

ポイント①:オイルは適量を少しずつ使う

ボディオイルは、腕や脚などのパーツごとに適量を少しずつ出して使います

1つのパーツを塗り終えたら、また適量を手に取って次の箇所を塗るイメージです。

一度に大量のオイルを使用してしまうと、お肌のベタつきが気になります。

せっかくマッサージで気持ちよくなった後に不快な思いをしないように、少しずつ適量を徹底しましょう。

具体的なオイル使用量は、全身のマッサージ時で合計10mlを目安にしてください。

ポイント②:オイルを手の平で温める

両手をこすり合わせてオイルを温めることもポイントです。

温めることでオイルは柔らかくなります。

これはオイルが柔らかくなることによって肌に浸透しやすくなり、マッサージの効果が高まるためです。

ポイント③:優しく撫でるようなマッサージ

強い力でこすらずに、なでるようにマッサージすることも大切です。

特に、顔のマッサージをするときには”優しく”を強く意識してください。

顔の皮膚はとても薄くデリケートなので、マッサージの刺激がたるみ・シワ・シミの原因になることがあります。

顔は1番他の人から見られる部位だからこそ、ケアをするときは1番繊細にしましょう。

ポイント④:適したタイミングはお風呂上がり

マッサージするタイミングは、身体が温まっていて肌がきれいなお風呂上がりがオススメ

ただし、お風呂上がりは肌が特に乾燥しやすいので、手際よくオイルを塗るようにしましょう。

ロールちゃん
ロールちゃん

これらに気をつけたらオイルマッサージの効果倍増だね!

オイルマッサージを行うときの3つの注意点

オイルマッサージを行う際には、以下の3点に注意してください。

注意点
  • 体調が悪いとき、飲酒後は控える
  • 皮膚に傷や異常がある部分は避ける
  • マッサージ後は水分を取り、身体を休める

注意点①:体調が悪いときや、飲酒後は控える

体調が悪いときは、オイルマッサージを控えてください。

まずは体調を改善させることを優先しないといけません。

また飲酒後のマッサージは、アルコール成分が全身にまわりやすくするので避けましょう

注意点②:皮膚に傷や異常がある部分は避ける

皮膚に傷や異常がある場合は、その部分を避けてマッサージを実施すること。

もしマッサージにより症状が悪化したときは、すみやかに医療機関を訪ねてください

注意点③:マッサージ後は水分を取り、身体を休める

マッサージの後は、水分をたっぷり取り、アルコール類やコーヒーなどの摂取や刺激の強い食べ物は控えましょう。

激しい運動は避け、身体をしっかり休めることも忘れずに。

ロールちゃん
ロールちゃん

自分の身体と相談して、無理をしないことが大事だね!

まとめ:自宅で簡単にできるオイルマッサージで癒されよう!

今回は、オイルマッサージの特徴と効果、オイルマッサージを行う際のポイントや注意点をご紹介しました。

オイルマッサージの特徴
  • 直接オイルを肌につけて、手を滑らせながら凝り固まった筋肉を揉みほぐす
  • なでるような施術でリンパや血液の流れを良くし、老廃物の排出を促す
  • エッセンシャルオイルを加えて、精神的にも癒される

オイルマッサージを日々の暮らしに取り入れて、頑張っている身体の疲れを癒しましょう!

▼オイルマッサージをするためのオイルを知りたいならコチラから▼

【5つのオススメ商品紹介】マッサージオイルの種類と選び方を知って家で癒されよう

>>【5つのオススメ商品紹介】マッサージオイルの種類と選び方を知って、家で癒されよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です